剛柔一体

menu

姫路白鷺ライオンズクラブ

2020会長・役員挨拶


会長 寺西宏悦

この度、姫路白鷺ライオンズクラブの第60代会長を拝命するにあたり、謹んでご挨拶申し上げます。
地区で5番目の結成され、先輩諸兄姉が培ってこられた実績により、4人の地区ガバナーと1人の国際理事を輩出した伝統ある姫路白鷺ライオンズクラブの会長という大役を、若輩者の私が受け継がせて頂く責任を重く受け止め、誠心誠意努めて参りたいと存じます。
次年度のテーマは”剛柔一体”とし、伝統やルール等の絶対的な事柄は剛く守りつつ、かつ世の変化に柔軟に対応した事業を行って参りたいと考えています。この二つを両立させることで、姫路白鷺ライオンズクラブの存在価値が高まり、延いてはライオンズクラブのブランド価値が高まっていくものと信じております。

運営方針

会長テーマ 「剛柔一体」

まず語源ですが、私自身が幼少期より学んできた剛柔流空手から拝借しました。
”剛柔”には二つの意味があるのですが、その一つが”かたくやわらかいこと”です。
姫路白鷺ライオンズクラブの伝統やルールを剛く守りつつ、かつ世の変化に柔軟に対応した事業を行っていくことが、我がクラブの存在価値を高め、延いてはライオンズクラブのブランド価値を高めるとものと信じています。
次年度は、積極的に新しい事業を取り入れたいと考えていますので、各委員会からの忌憚のない提案に期待します。
また、運営においては、支部の結成を目標の一つとしていますので、皆様のご助言ご協力をお願いいたします。
”剛柔”のもう一つの意味は、”強くやさしいこと”です。
任期を通して私自身がそうなることは勿論、メンバー全員がそうあることで、姫路白鷺ライオンズクラブがより魅力的な組織になるものと信じています。
また、そうあることで、結成された支部メンバーから憧れられる親クラブであり続けられればと願っています。
最後になりましたが、この1年間メンバー皆様全員のご協力を何卒よろしくお願いいたします。

最近の投稿